うぬぬう…

瀬戸内源氏、読み進めておりますが。

面白くないわけではない、のですが、すごく光源氏に突っこみ入れたい時が多々あるので、そして、語り部の女房(という設定になっている)にも、

「あんた、源氏が美貌だからって甘すぎるんじゃないの、その発言」

と言いたい時が多いので、何だかねー、という感じです。

うん、まあ、あまりに男女の仲の本音や真実が書かれているんで、それはすごいと思います。それで居心地悪いのもあると思うけど(笑)。
口では「これは真実の愛」とか何とか言っておいて、本音はこんなものなんだよなー、という場面も多いんで(笑)。

時代背景も考えると、帝の血筋というだけですべて許されちゃうし、その上美しかったら無敵だというのは判るので、周囲があまりに源氏に甘い部分は、当時としては当然の話の流れなんでしょうね。そして、周囲が源氏に甘い分、そういう血筋とか身分とかではどうにもならない運命の巡り合わせなんかをシビアにしてバランスを取って成り立っている物語な感じ。一つの挫折もなく源氏が生きていっちゃう物語だったら、こんなにうけなかったんだろーなー。

私、紫式部って相当自尊心が高くて、「自分は他の人間とは違うのよ」と思っていて、周りにちやほやされたいんだけどそれを表に出すのはイヤだからツンと取り澄ましていて、それでも自然と他人が自分をちやほやしてくれるべきだと思ってた人間だと思うのですよ。だから、積極的に自分の才気をアピールして公達にも人気のあった清少納言なんかを、目の仇のようにけなしてるんだと思うんだよね。
清少納言と紫式部は同時期に宮中にはいなくて、確か、紫式部が彰子に使え始めた頃には、すでに清少納言は宮中を去っていたはずなんだけど、きっと公達なんかは折々に清少納言のことを話題にして、

「面白くて頭のいい女だったよなー」
「いなくなってさみしいよなあ」
「あの時、こんなことがあったよなあ。あれは気が利いてたよなあ」

などと言っていたはずなのです。それを聞いて、

「あんなののどこがいいのか。あんなのより、あたしの方がちやほやされるべきなのよ。何で判らないの」

と思っていたからこそ、わざわざもう宮中にはいない清少納言の悪口を書いてるんだよね。
清少納言のように明るく自分をアピールできない、根の暗さみたいなものを紫式部には感じるたかみです(笑)。そのわりに書いてるものが源氏物語なんだから、どこか少女趣味的に王子様的なものに憧れてる気が。ま、物語の主人公にするとなると、身分の高い貴族の男かお姫さましか考えにくい時代でもあっただろうけど。

まあ、絶対友だちにはなりたくないタイプと思われる紫式部ですが、根が暗い分(←決定)、脳天気な物語は書かなかったわけで、源氏物語も恋愛の真実をかなり鋭く突いてる気がします。だから読み継がれるんだろうな。一応、最後まで読み通してみようと思うのでした。瀬戸内源氏は全10巻! 長い物語は大好きさ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント