遅ればせながら…

今頃、『ハリー・ポッターと賢者の石』を借りてきて読んでますたかみです。

いやあ、実はこの本に関しては、まだ世間で全然評判になる前に、この本は面白いという話を聞いていたのです。で、そっか、いつか買ってみようかなーと思っていたら、あっという間に社会現象並みに評判になってしまって、そこまで評判になるとかえって読みそびれるというか…。

通勤電車の中でだけ読んでるので、今半分くらいですが、まあ面白いです。…いや、別に評価が辛口なんじゃないです。これ、テレビで映画版が放送された時に観ちゃったものだから、話の先をだいたい知ってるわけで、それでドキドキさが半減されちゃってるんですよね。もし映画を観てなかったら、かなりドキドキしながらすごい勢いで(多分一日か二日で)読み終えちゃってることでしょう。世界中でベスセラーになるだけのことはあるわ。

この本を読んでいると、映画の場面を思い出すことがしばしばです。ということは、逆に言えば映画がものすごく原作に忠実によくできてたってことですね。まあ、世界中が注目していたし、かなり頑張って作られたんでしょうねえ。

ぼちぼち続きのシリーズも読んでみようかなと思ってますが、昨日図書館のHPを見たら、最新刊の『謎のプリンス』、中央図書館で110人待ち、全館で200人以上待ち、ですって。すごいっすね(笑)。まあ、ぼちぼち、いつか読めればいいやー。

で、たかみが読みたいなーと思っているその他の本に関しては、他に予約待ちの人がいたためしがないので、今貸し出し中なのは予約1番目としてお願いしてあるんですが、これが意外とうまくいかない…。全五巻の『盗神伝』は4、5巻だけ先に用意できたとメールが来るし~(笑)。全巻そろってから連絡ほしい場合は、うちの図書館の場合、直接図書館のカウンターで予約しなくちゃいけないんですよね。でもめんどくさかったからネットから予約入れたら、このていたらく。まあいいや、しばらく待ってみよう。1~3巻もそのうち返却されてくるかもしれないし。

今日は近所の図書館で、『クロニクル 千古の闇』シリーズの『オオカミ族の少年』と『生霊わたり』を借りるつもりで、仕事帰りに勇んで行ったのです。昨日、この二冊がちゃんと在庫としてあることをネットで確認してたから。でも行ってみたら、『生霊わたり』の方はなかった…。今日、借りられちゃったみたいです。うーん、やっぱり夏休みの図書館は競争率が高いのかな。ま、いつでもいいんですけどね。まだハリポタ読み終わってないし。

ホントは、図書館にまだないのでリクエストして購入してもらいたい、この前出たばかりの新刊本があるんだけどなー。リクエストは1ヶ月に一人五冊までと決まってて、『盗神伝』の五巻で使い切ってしまった(笑)。まあいいや、これは来月にでも。

久々に読書三昧の日々に浸かって、よけいに次々本が読みたくなっているたかみでござりました。でもやっぱり図書館の本は苦手なので、読んでる本には白い紙で作った簡易ブックカバーをつけてますけどね(笑)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年08月09日 23:34
ハリー・ポッターの映画、かなり原作に忠実に作られてますよね。殆どイメージを損ないませんでした。ハグリッドは全然違う人を想像していましたが。
それにしても予約待ちの人数が凄いですね。何年先だろうって感じですよね。

住所地と隣の市の図書館2つ利用しているのですが、どちらの図書館でも「盗神伝」はよく見かけ、「おもしろいのに~。どうして借りられてないの~」と良く思うのですが・・・。
2006年09月02日 15:25
先に映画を観ちゃったので、本を読んでいても、わたしの思い浮かべるハグリッドはもうあのイメージそのものです(笑)。映像の力ってすごいけど、怖いなあ。
中央図書館には各20冊『ハリー・ポッターと謎のプリンス 上下巻』が用意されているみたいなので、それなりに回転はしている模様。今は93人くらいまで減ってました。どうしようかな、予約しとこうかな…。

あ、そうそう、『盗神伝』、読みました。感想はまたそのうち書こうと思ってますが、あれってきっとまだまだ続きますよね? 壮大なシリーズになりそうな予感がするなあ。