たかみ内覧会

アクセスカウンタ

zoom RSS お片づけ。

<<   作成日時 : 2007/02/04 19:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

物の捨てられない男と、物を何も考えずに捨てる女、この2人にはさまれて苦行のような時間を過ごしました…。

…って、この男女ってうちの両親のことなんですけどね(笑)。とにかく、捨てていいものと捨てちゃいけないものの区別がつかないという点ではまったく同類なんですよね、この2人。そして、この2人に育てられたので、子どもの頃は当然もの捨て方がへたくそだったあたしと弟ですが、大人になり、一人暮らしを経て、自力でものを捨てる時のルールを身につけ、今は2人とも捨て上手です(笑)。特に弟は部屋がきれいだ。意外とセンスがよくて、何年か前の部屋はちょっとしたギャラリーみたいになっていた。今はどうだか知らないけど(笑)。

庭の物置を移動させるということで、2、3日前に中身をいったん和室に全部出してきたらしいのですが、これがもう、意味不明なものだらけ。小さい頃に読んでいた絵本なんかの紙製品類なんて、物置なんかに入れておけばかびてるし、よく判らない古い電化製品(電気あんかとか)なんて、20年は使ってないのにこれから使うとは思えないものもとってある。そして、今も捨てる気のない父。あきれ果てて今までも何度か、たかみはそのバカさ加減を叱りとばしているけれど、バカは死ぬまで治らないといういい見本。もう父とは必要なこと以外ほとんど口をきかないし(父はあたしとしゃべりたくてちょろちょろしてくるけど)、今回も言ってもムダだから、いない間に勝手に捨てることにしました。

ところが、ここにまたもう一人困った人間が。何も考えずに勢いでものを捨てるバカ…いや、まあ、困った母親がおりまして。この人は想像力が足りないから、これを捨てたら困るのか困らないのかが判らない。で、捨ててはまずい物まで捨ててしまい、何でもとっとけ人間の父がそれに気付くと、もう大騒ぎ。バカさ加減では似たり寄ったりだけど、巻き込まれるこちらはたまらないです。あまり騒ぐようなら2人とも叱りとばして黙らせますけどね。うっとうしいので。

というわけで、仕方がないので、せっかくの日曜日だというのに、父のいぬ間に捨てる物を選別する母の作業につきあうたかみ。

「それはいらない」「それもいらない」「それは金属ゴミ」「それは埋めるゴミ」「それはリサイクル券がいるはず」「それはリサイクルステーション」「それはシュレッダーかけなきゃだめ」「こら、勢いで捨てるな!! またもめるだろーが!!」

…疲れました…。まあ、家や物置がきれいになるからいいんですけどね。ものすごい量のゴミが出ましたよ…。家を建て直した時は、物置はそのまま残して家屋だけを壊して建て直したものだから、物置の中はさわってなかったからなあ。これでだいぶすっきりしたはず。こんなことにつきあうのは、もうご免だー。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お片づけ。 たかみ内覧会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる